日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

相模原市緑区を訪ねて 2010年10月27日

27日はまずまずの天気となる予報。晴れるが気温は低いらしい。ことし神奈川県内でシータテハにまだあっていないため秋になって人里に下りて来るころではないかと期待して撮影に出かけた。宮ヶ瀬湖の気温表示機は11℃とある。ギフチョウが見られる頃よりはあたたかい。目的地にて探し回るがキタテハばかり。柿に集まってこないかと柿の木を見てもほとんど柿がなっていない。農家の方に聞くと今年は不作だという。結局シータテハには会えなかった。

セイタカアワダチソウにはキタテハが数頭吸蜜に来ていた。探してみてもシータテハはいないようだ。
e0214727_22155158.jpg

吸蜜の間にあたたかそうな石の上でしばし開翅日光浴をしている。
e0214727_22171475.jpg

こちらは陽だまりの葉の上でやはり開翅日光浴をしている。
e0214727_22183944.jpg

キタテハ以外の蝶。
ウラギンシジミの♀が「メナモミ」の花に止まって開翅していた。ストローはのばしていないようだ。
e0214727_22235615.jpg

アサギマダラも♂が2頭いた。いずれもマーキングはされていない。吸蜜している花は「コウヤボウキ」らしい。
彼らはいま旅の途中なのか、これからどこに行くのだろうか。1頭はマーキングして放したがまたここで吸蜜していた。
e0214727_2228464.jpg

アカタテハもハイキングコースを行ったり来たりしている。お気に入りの葉の上で開翅してくれた。
e0214727_2233954.jpg

アカボシゴマダラの幼虫もかなり見つかった。写真は3齢から4齢短角幼虫に脱皮して越冬に備える準備完了といったところだ。
e0214727_22383719.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2010-10-28 22:52 | 神奈川県