日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ムラサキツバメの集団新たに発見 2010年11月28日

2007年12月ムラサキツバメ集団が見られたO神社境内に行ってみた。今年も同じように境内のモクレンの葉上に3箇所計15頭の集団が見つかった。モクレンの葉はすでに濃い褐色になり落葉も間近のようだ。今の場所は仮のねぐらであり近いうち何処かに新たなねぐらを構えることになるだろう。その場所が追跡できるかどうか問題だ。それまでは社殿の注連縄辺りに止まって日光浴する姿が見られそうだ。

写真1 モクレンの葉上の集団2箇所(左3頭、右4頭)葉の色に同化して見えにくい。
e0214727_2334560.jpg

写真2 モクレンの葉上の集団1箇所(8頭) こちらも葉の色と見分けがつきにくい。
e0214727_23353813.jpg

写真3 S谷戸では気温が20℃くらいになったようでねぐらから飛び出している個体が多くアオキの葉上などで開翅日光浴する個体が目立った。(左の1頭はムラサキシジミ)
e0214727_23385415.jpg

写真4 また、近くでは♂(左)と♀(右)が仲良く並んで日光浴していた。
e0214727_2340298.jpg

写真5 ムラサキシジミ♀が翅を開いて綺麗なブルーを見せてくれた。
e0214727_0703.jpg

写真6 キタキチョウ。透けて見える模様からこの個体は夏型のようだ。
e0214727_23543355.jpg

写真7 キタキチョウの飛翔。中間型(左)と夏型(右)のようだ。この時期でも夏型?
e0214727_051566.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2010-11-29 00:12 | 神奈川県