日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

12月初めの湘南の蝶 2010年12月8日

12月に入ったとはいえまだまだ湘南は暖かい。とはいえ次第に越冬蝶に狙いが変っていく。成虫越冬する蝶はこの時期栄養補給の吸蜜をする姿が見られる。初旬に見られた蝶を紹介したい。

写真1 スジグロシロチョウ♂ 12月に見られるのは少ないがノゲシで吸蜜するところに出会うことができた。(12/2撮影)
e0214727_15403272.jpg

写真2 キチョウ♀ 暖かい日中は活動するが寒くなると枯れ草にもぐってねぐらにする(12/2撮影)
e0214727_15424346.jpg

写真3 ウラギンシジミ 2頭 ウラギンシジミは近くに集まって休むのをよく見かける。(12/2撮影)
e0214727_15444930.jpg

写真4 ムラサキシジミの越冬集団 よく数えると8頭いる。よほど気に入った枯葉のようだ。これだけ集まっているのは珍しい。(12/7撮影)
e0214727_1548113.jpg

写真5 ムラサキツバメ越冬集団 シュロの葉の重なり目にはみ出しながらも集団を形成していた。
e0214727_15502418.jpg

写真6 ムラサキツバメ♀ キクの花で吸蜜 
e0214727_15522056.jpg

写真7 ムラサキツバメ♀ 同一個体。花びらを舐めているようだ。
e0214727_15534596.jpg

写真8 ムラサキツバメ♀ 同一個体 口吻が伸びていないか?
e0214727_15544810.jpg

写真9 ムラサキツバメ ヤツデで吸蜜。このとき右下にジョロウグモが!!このあと驚くことが起こった。なんとムラサキツバメがクモに飛びかかりクモが驚いて逃げた。決定的瞬間の撮影は出来なかった。(12/8撮影)
e0214727_15574921.jpg

写真10 ムラサキツバメ♀ ビークマーク付。前翅、後翅が開翅状態で何者かによって咬み取られたようだ。
e0214727_1602546.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2010-12-08 16:03 | 神奈川県