日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2011年 冬、アカボシゴマダラ幼虫の樹上越冬継続観察 2011年3月24日

昔から、「暑さ寒さも彼岸まで」といっていたと思うが彼岸を過ぎても寒い日が続いている。ここ数日天候も悪くてフィールド活動もお休みしており運動不足きみであった。今日は午後からいくらか陽射しがあったので以前から観察中であったアカボシゴマダラの幼虫がエノキ小木樹上で越冬している様子を継続観察に行って見た。このエノキには1月4日発見時、3齢長角幼虫1頭、4齢短角幼虫4頭、5齢長角幼虫1頭が樹上越冬中であった。
写真1 発見後の1月6日撮影した5齢長角幼虫。まだ全体が緑色しており今後の経過が興味深かったが2月4日頃より角部分から黒くなり始めた。結局越冬できず死亡した。
e0214727_1752417.jpg

写真2 発見後の1月10日撮影した3齢長角幼虫1頭(中央)と4齢短角幼虫2頭。(上と下)
e0214727_17541027.jpg

写真3 発見1ヶ月後の3齢幼虫と4齢幼虫
e0214727_17561166.jpg

写真4 さらに1ヶ月後の3齢幼虫と4齢幼虫 下側の4齢幼虫がやや移動
e0214727_17583296.jpg

写真5 3月24日の3齢幼虫と4齢幼虫 下側の4齢幼虫は別の位置に移動していた。
e0214727_18168.jpg

写真6 3月24日 自宅の庭のエノキ小木にも4齢短角幼虫が2頭出現していた。以前幼虫が3頭いたことを確認しているがその後幹を下り落葉下にいたらしい。今まで時々見ていたが幹上に姿はなかった。
e0214727_1842062.jpg
e0214727_1843756.jpg

やはり落ち葉下の幼虫も幹に上がり始めたようだ。エノキの葉も少しばかり緑色がしてきている。
街中のエノキを見てまわったがほかには樹上に出現している幼虫は見つからなかった。
しかし、エノキの芽もふくらみ、幼虫も樹上に出現するようになったことから継続観察していた3齢長角幼虫と4齢短角幼虫は越冬完了と考えていいと思う。
[PR]
by tyoutorin | 2011-03-24 18:13 | 神奈川県