日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2011年 6月湘南地域平地性ゼフ6種撮影

5月31日から6月10日までの間に当地方で見られる平地性ゼフを6種撮影できた。やはり今年は遅れているようだがどうにか撮影できて一段落といったところだ。自分の住む近辺ではかつてミドリシジミを除く5種が同一ポイントで見られたがその里山も分譲墓地に姿を変え林内の空間でオオミドリシジミが卍巴や開翅を見せてくれていた情景は今でも目に焼きついているが取り戻しはできない。近年、アカシジミ、ミズイロオナガシジミは良く見られるものの、ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミに会うことは非常に難しくなってきた。また、ミドリシジミは私の知る限り付近には棲息が確認されていない。

写真1-4 アカシジミ (藤沢市にて撮影)
アカシジミ初見は5月31日だった。栗の花で吸蜜しているところが撮影できた。その後も毎日のように複数頭が吸蜜に訪れている。次第に汚損個体が混じるようになった。
e0214727_015839.jpg

e0214727_023811.jpg

e0214727_031210.jpg

e0214727_034234.jpg


写真5-6 ウラゴマダラシジミ(伊勢原市にて撮影)
この蝶は自宅近辺ではほぼ見られなくなってしまった。継続して注意しているがいまだに会えない。6月4日ちょっとお出かけして伊勢原市で数頭確認。但しなかなか止まらない。止まったとしても高い葉の上で見通しが悪い。葉と葉の間の空間を見つけてどうにか撮影した。
e0214727_092386.jpg

e0214727_094481.jpg


写真7-9 ウラナミアカシジミ(藤沢市で撮影)
この蝶はかつて見られたもののしばらく会うことが出来ないでいた。おととし1頭Wayoさんが見つけられたが昨年は見られず今年になって再びWayoさんが見つけられ6月5日電話をかけてくれた。あわてて駆けつけこの稀少な種を間近で撮影できた。9日には自分で栗の葉上にいる個体を見つけることが出来た。(写真9)栗林にはもちろん地主さんの了解を得て入らせていただいている。地主さんも興味津々で、写真をお見せして貴重な蝶が残っているのはこの栗林のおかげです。いつまでも栗林を存続してほしいとお願いした。
e0214727_019565.jpg

e0214727_019321.jpg

e0214727_0201697.jpg


写真10-13 ミズイロオナガシジミ(藤沢市で撮影)
ミズイロオナガシジミは中でも一番の普通種である。なかなか発生が確認できずやきもきしたが6月6日初見。葉の上で半開翅しそうだったので待っているとほぼ開いて内側を見せてくれた。高い位置なのでちょっと撮影はうまく行かなかった。その後続々と羽化し始め林縁の下草には羽化したばかりと思われる綺麗な個体があちこちで見られている。(写真13)
e0214727_0292498.jpg

e0214727_0294241.jpg

e0214727_0301693.jpg

e0214727_0304835.jpg


写真14 オオミドリシジミ(藤沢市で撮影)
なかなか見られなくなってしまったが今年も6月9日どうにか撮影できた。すでにスレた個体であり発生はもっと早かったのだろう。すぐに飛立って見失い開翅なんて期待できず。
e0214727_0363759.jpg


写真15 ミドリシジミ(鎌倉市で撮影)
近くにハンノキ林はあるのだが棲息していないようだ。6月10日鎌倉に用事がありそのついでに発生地の公園によってみた。はじめはなかなか見つからなかったが帰りがけにハンノキの葉上にポツンと茶色いものが。
距離は相当あり、おまけに風が強い。何回もピントを合わせながらシャッターを切ったがほとんど被写体ぶれ。どうにか見られそうなものをトリミングしているので画面が荒れているのはご容赦を!
e0214727_044650.jpg


今後、オオミドリシジミ、ミドリシジミの開翅が撮れるといいのだが何しろ忙しくて>=<
[PR]
by tyoutorin | 2011-06-12 00:55 | 神奈川県