日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:神奈川県( 38 )

5月31日から6月10日までの間に当地方で見られる平地性ゼフを6種撮影できた。やはり今年は遅れているようだがどうにか撮影できて一段落といったところだ。自分の住む近辺ではかつてミドリシジミを除く5種が同一ポイントで見られたがその里山も分譲墓地に姿を変え林内の空間でオオミドリシジミが卍巴や開翅を見せてくれていた情景は今でも目に焼きついているが取り戻しはできない。近年、アカシジミ、ミズイロオナガシジミは良く見られるものの、ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミに会うことは非常に難しくなってきた。また、ミドリシジミは私の知る限り付近には棲息が確認されていない。

写真1-4 アカシジミ (藤沢市にて撮影)
アカシジミ初見は5月31日だった。栗の花で吸蜜しているところが撮影できた。その後も毎日のように複数頭が吸蜜に訪れている。次第に汚損個体が混じるようになった。
e0214727_015839.jpg

e0214727_023811.jpg

e0214727_031210.jpg

e0214727_034234.jpg


写真5-6 ウラゴマダラシジミ(伊勢原市にて撮影)
この蝶は自宅近辺ではほぼ見られなくなってしまった。継続して注意しているがいまだに会えない。6月4日ちょっとお出かけして伊勢原市で数頭確認。但しなかなか止まらない。止まったとしても高い葉の上で見通しが悪い。葉と葉の間の空間を見つけてどうにか撮影した。
e0214727_092386.jpg

e0214727_094481.jpg


写真7-9 ウラナミアカシジミ(藤沢市で撮影)
この蝶はかつて見られたもののしばらく会うことが出来ないでいた。おととし1頭Wayoさんが見つけられたが昨年は見られず今年になって再びWayoさんが見つけられ6月5日電話をかけてくれた。あわてて駆けつけこの稀少な種を間近で撮影できた。9日には自分で栗の葉上にいる個体を見つけることが出来た。(写真9)栗林にはもちろん地主さんの了解を得て入らせていただいている。地主さんも興味津々で、写真をお見せして貴重な蝶が残っているのはこの栗林のおかげです。いつまでも栗林を存続してほしいとお願いした。
e0214727_019565.jpg

e0214727_019321.jpg

e0214727_0201697.jpg


写真10-13 ミズイロオナガシジミ(藤沢市で撮影)
ミズイロオナガシジミは中でも一番の普通種である。なかなか発生が確認できずやきもきしたが6月6日初見。葉の上で半開翅しそうだったので待っているとほぼ開いて内側を見せてくれた。高い位置なのでちょっと撮影はうまく行かなかった。その後続々と羽化し始め林縁の下草には羽化したばかりと思われる綺麗な個体があちこちで見られている。(写真13)
e0214727_0292498.jpg

e0214727_0294241.jpg

e0214727_0301693.jpg

e0214727_0304835.jpg


写真14 オオミドリシジミ(藤沢市で撮影)
なかなか見られなくなってしまったが今年も6月9日どうにか撮影できた。すでにスレた個体であり発生はもっと早かったのだろう。すぐに飛立って見失い開翅なんて期待できず。
e0214727_0363759.jpg


写真15 ミドリシジミ(鎌倉市で撮影)
近くにハンノキ林はあるのだが棲息していないようだ。6月10日鎌倉に用事がありそのついでに発生地の公園によってみた。はじめはなかなか見つからなかったが帰りがけにハンノキの葉上にポツンと茶色いものが。
距離は相当あり、おまけに風が強い。何回もピントを合わせながらシャッターを切ったがほとんど被写体ぶれ。どうにか見られそうなものをトリミングしているので画面が荒れているのはご容赦を!
e0214727_044650.jpg


今後、オオミドリシジミ、ミドリシジミの開翅が撮れるといいのだが何しろ忙しくて>=<
[PR]
by tyoutorin | 2011-06-12 00:55 | 神奈川県
tyoutorinの所属する「相模の蝶を語る会(略称:相蝶会」では創立25周年を記念して会員が撮りためた蝶の写真展を開催します。
蝶屋さんにとっては6月下旬という非常に貴重な時期に合致してしまいますがご都合のつく方はぜひご来場をお待ちしております。
代表のご挨拶とチラシを掲載させていただきます。

「相模の蝶を語る会」の岩野です。日頃よりお世話になっております。
さて、当会では今年で会の創立25周年になるのを記念して以下のような日程で写真展を開催することになりました。
多くの会員が神奈川県内や隣接する市町村などの野外で撮影した四季折々に見られるチョウの生態写真の力作や飛翔写真などのパネル約180点近くをド~ンと展示する予定です。
合わせて、県内に生息する貴重種を含むチョウ類の標本なども公開致します。
どうかこの機会に是非ともご覧いただきますようご案内申し上げると共に、多くの方々へご連絡いただきますようお願いを申し上げます。

題目:相模の蝶を語る会 創立25周年記念写真展
副題:ー 季節を彩る神奈川の蝶たち ー

日時:2011年6月22日(水)~6月27日(月)(6日間)
    午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)
場所:町田市民ホール4階 第2ギャラリー
    JR・小田急線町田駅下車徒歩7分(添付チラシ図参照)
    町田市森野2-2-36 電話 042-728-4300
展示:チョウの写真パネル
    神奈川県産チョウ類標本
    生きた昆虫類(各種チョウ類幼虫や甲虫類)
備考:入場無料(会場にて粗品の当たるアンケートも実施します。)

「案内用チラシ(A4版)」を添付しましたので、印刷してご活用願います。

なお、会期中の6月25日(土)午後7時より、町田駅付近の居酒屋にて有志による懇親会も予定しています。会員だけでなく一般の方々の参加も大歓迎ですので、奮ってご参加下さい。

6月1日 相模の蝶を語る会 代表岩野秀俊

e0214727_22142677.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2011-06-02 22:22 | 神奈川県
ちょっと前のことだが5月2日近くのギンイチモンジセセリポイントに観察に行ってみた。はじめはなかなか見つからなかったが、他の蝶を撮影していると視界をスキップするように横切る蝶が見られた。独特の色合いと飛び方、後を追うもなかなか止まらない。これもギンイチモンジセセリの習性であり、下手をするとヨシの間にもぐりこみ姿をくらませてしまう。ここ一番、ギンイチとの根気比べとなった。

写真1 ギンイチモンジセセリのいる風景。
ついにギンイチも疲れたのか草むらに入りギシギシの葉に止まった。
e0214727_10191011.jpg

写真2-4 ムラサキサギゴケで吸蜜。
午後1時を回ったころ色々な花で吸蜜する姿が見られるようになった。順次紹介しよう。
e0214727_10213246.jpg

e0214727_10224216.jpg

e0214727_10241374.jpg

写真5 ハルジオンで吸蜜。
e0214727_1025750.jpg

写真6 ツボスミレで吸蜜。
e0214727_10264565.jpg
 
写真7 タンポポで吸蜜。
e0214727_10282147.jpg

写真8 休息中のギンイチモンジセセリ。
e0214727_10314272.jpg


こうしてみるとギンイチモンジセセリの花の嗜好性がよくわからない感じだ。第1化の季節はそろそろ終わり。当地では年3化なのでしばらくすればまた楽しめるだろう。しかし草むらが茂って探索は容易でないかもしれない。いづれにせよこの魅力ある蝶がいつまでもわれわれの眼を楽しませてくれる環境の存続を期待したい。近くでは埋め立ても始まっていたのだ。
[PR]
by tyoutorin | 2011-05-14 10:45 | 神奈川県
ウスバシロチョウは県北部、県西部に分布している。連休中スカッとした晴れ間がなくタイミングを模索していたが6日はまずまずの予報だったので「自然賛歌」のmi-koさんを誘って県北部ウスバめぐりをしてきた。
当日天候は曇で気温も低く果たしてみられるのか心配されたが現地に向かうにつれやや回復の兆しが見られ期待は膨らむ。
写真1 ウスバシロチョウのいる風景
第一ポイントに到着。自宅から一番近くで確実にウスバシロチョウが観察できるところである。この付近はヤマビルが棲息しているので用意した長靴に履き替え蛭よけスプレーで準備完了、草むらに向かう。まだ朝露が残り長靴を用意して良かった。すると足元にウスバシロチョウが開翅して休んでいるのを発見。このポイントは昨年まで休耕地となっており草地がひろがり多くのウスバシロチョウが飛び交っていたが休耕地だったところは半分以上耕されて草地面積は少なくなっていた。時間が早いためかここで見かけたのは3頭ほどであった。
e0214727_274955.jpg

写真2 羽化直後のオウゴンウスバシロチョウ
第1ポイントに見切りをつけ第2ポイントへ。車を降り歩き始めてすぐmi-koさんが「ウスバシロチョウじゃないの?」というので覗きこむと今まで見たことのない黄金色したウスバシロチョウがひっそりと翅を伸ばしているところだった。その美しさはウスバキチョウにも匹敵?するかと思われるほどだった。
e0214727_21520100.jpg

写真3 オウゴンウスバシロチョウ半開翅(翅を伸ばし乾かす動作)
羽化直後のウスバシロチョウではこのように黄色が強く現われるという。飼育したことも、野外で羽化直後の個体に会ったことがない自分にはすごく強烈な印象であった。この黄色も30分から40分位で抜けてくるという。自分ひとりではたぶん見過ごしていただろう。mi-koさんに感謝です。
e0214727_221504.jpg

写真4-5 タンポポで吸蜜
この場所には数え切れないほど多数のウスバシロチョウが飛び交い各種の花で吸蜜していた。タンポポの黄色が薄い翅を透してうっすらと見えるのがたまらない。
e0214727_2242154.jpg

e0214727_2245735.jpg

写真6 ナツグミ?で吸蜜
e0214727_2272839.jpg

写真7-8 ナノハナで吸蜜
一面黄色の菜の花の中、羽化後間もない新鮮な黄金色が残っているのか周囲の黄色に染まったのか定かではない。
e0214727_231359.jpg

e0214727_232544.jpg

写真9 ハルジオンで吸蜜
e0214727_2341336.jpg

写真10-11 ミツバウツギ?で吸蜜、半開翅と閉翅。写真11には交尾嚢があり♀である、
e0214727_2365093.jpg

e0214727_2371532.jpg

写真12 休息姿勢。
飛び疲れ吸蜜でお腹いっぱいになったのか草むらで翅をおろし休む姿も。
e0214727_2394639.jpg

写真13 タンポポで吸蜜。
第2ポイントで十分堪能したわれわれは第3ポイントに移動。ここにも多くのウスバシロチョウが飛び交っていた。
e0214727_2415223.jpg

写真14 ウスバシロチョウの飛ぶ風景。
ここでは吸蜜撮影より飛翔を狙ってみようと広角レンズに取替えた。にわかにはうまくいかない。できは悪いがこれくらいしか撮れなかった。
e0214727_247525.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2011-05-08 03:00 | 神奈川県
前回に引き続き4月後半に神奈川で見られた蝶を紹介します。黒いアゲハ類が全部出てきましたがまだ撮影できていない種類が多いです。5月以降撮影できたらこれらについてブログアップしようと思います。
写真1 コミスジ 4月25日初見。県内各地で一斉に出てきたようだ。4月25日伊勢原市で撮影。
e0214727_013856.jpg

写真2 ツマグロヒョウモン♂ 4月26日初見。3頭ほど見られたが♀はまだ見ていない。4月26日藤沢市で撮影
e0214727_03518.jpg

写真3 ヒメウラナミジャノメ 4月26日初見。これも県内各地一斉に出てきたようだ。4月26日藤沢市で撮影。
e0214727_062927.jpg

写真4 クロアゲハ♂ 4月27日初見。黒いアゲハは飛翔中種類がなかなかわからない。4月27日茅ヶ崎市にて撮影
e0214727_09287.jpg

写真5 カラスアゲハ♂ 4月27日初見。表面が緑や青の金属光沢のように光るので飛翔中でもわかる。4月28日大磯町で撮影。
e0214727_0145463.jpg

写真6 コチャバネセセリ 4月27日初見。最近少なくなってきたように思うが気のせいか?4月27日茅ヶ崎市で撮影。
e0214727_0165314.jpg

写真7-8 モンキアゲハ 4月28日初見。新鮮な♂が吸水に熱中して全くわれわれを無視していた。また、べつのところではツツジに吸蜜していた。4月28日大磯町で撮影。
e0214727_0223378.jpg

e0214727_023853.jpg

写真9 クロヒカゲ 4月28日初見。 薄暗い樹林に足を踏み入れると黒い中型の蝶が飛立って近くにとまった。4月28日大磯町で撮影
e0214727_026747.jpg

写真10 コジャノメ 4月30日ぎりぎり滑り込み初見を果たす。シーズンともなると多産する場所だが1頭しか見られなかった。4月30日藤沢市にて撮影。
e0214727_0294626.jpg


そのほかにはミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハなどが4月30日見られたものの写真撮影は出来なかった。
[PR]
by tyoutorin | 2011-05-03 00:41 | 神奈川県
4月は春のチョウたちがつぎつぎと現れ忙しく過ごしてきた。それらの蝶のうちすでにブログにアップしたものもあるが未掲載の種について紹介しておきたい。種類が多いので2回に分けて紹介しようと思う。初見日は自分が初見した日にちである。
写真1 ツマキチョウ♂ ツマキチョウの初見は4月2日藤沢市であった。そのときの写真。今年は少し遅く心配したがツマキチョウに初めて会って安心した。4月末には個体数も減じ破損個体が多くなった。
e0214727_2214377.jpg

写真2 アゲハチョウ 初見日は4月10日茅ヶ崎市であった。写真はダイコンの花に吸蜜しに来たアゲハチョウ。4月15日藤沢市にて撮影。
e0214727_2217927.jpg

写真3 キアゲハ 初見日は4月12日 藤沢市にてレンゲ畑を舞うところを目撃。写真は4月27日休息中の♀を茅ヶ崎市で撮影。
e0214727_2220837.jpg

写真4 ツバメシジミ♀ 低温期型の青い鱗粉が特に良く出ている。右の触覚は下げていて隠れてしまった。4月12日藤沢市で撮影。
e0214727_22241029.jpg

写真5 ツバメシジミ♂ 一般的な♂よりも青色が鈍く後翅表面に赤紋が現われている。オスでもこのような赤紋が現われる個体はいるそうだ。すれた個体のため表面の青色が薄くなったのだろうか。4月26日藤沢市で撮影。
e0214727_22495997.jpg

写真6 クロコノマチョウ♀ 笹の茂る林内を歩いていると突然足元から大きな蝶が飛び出した。近くに止まったものの枯葉に紛れて見つけるのが大変だった。4月14日藤沢市で撮影。
e0214727_22313258.jpg

写真7 ヤマトシジミ♂ 初見は4月15日。土手に止まっていたが新鮮な個体だった。4月15日藤沢市で撮影。
e0214727_22504888.jpg

写真8-9 ミヤマチャバネセセリ 初見は4月25日 個体数は比較的多くテリを張っていた。写真は4月30日オオイヌノフグリで吸蜜中の個体を寒川町で撮影。
e0214727_22372029.jpg

e0214727_22375814.jpg

写真10-11 ギンイチモンジセセリ 初見は4月25日 個体数はあまり多くない。4月30日寒川町で撮影。
e0214727_2241545.jpg

e0214727_22412695.jpg

写真12 ジャコウアゲハ♂ 初見日は4月25日。4月27日茅ヶ崎市で撮影。
e0214727_22452159.jpg


(その2)に続く。
[PR]
by tyoutorin | 2011-05-01 22:55 | 神奈川県
今年のミヤマセセリは3月19日初見以来、色々なシーンで楽しませてくれた。まだまだフィールドでは多くの個体が活動中であるもののかなり傷んだ個体が多くなったのは否めない。
ここで今年の4月以降神奈川県で撮影したミヤマセセリをまとめておきたい。

写真1 ミヤマセセリ♂ キランソウで吸蜜。林道沿いで見られる個体は結構吸蜜している場合が多い。(4月1日、旧津久井町)
e0214727_23595663.jpg

写真2 ミヤマセセリ♀ タチツボスミレで吸蜜(4月1日、旧津久井町)
e0214727_012656.jpg

写真3 ミヤマセセリ♀ 開翅 吸蜜の合い間には開翅して翅を休める。(4月1日、旧津久井町)
e0214727_0443.jpg

写真4 ミヤマセセリ♂ 吸水 染み出した湧き水で吸水もしていた。(4月1日、旧津久井町)
e0214727_054232.jpg

写真5-6 ミヤマセセリ♂ ミヤマキケマンで吸蜜。(4月6日、旧津久井町)
e0214727_072998.jpg

e0214727_08153.jpg

写真7 ミヤマセセリ♀ 開翅(4月11日、中井町)
e0214727_0102358.jpg

写真8 ミヤマセセリ♂ タチツボスミレで吸蜜(4月11日 中井町)
e0214727_012671.jpg

写真9 ミヤマセセリ♀ サクラの花で吸蜜(4月13日、旧藤野町)
e0214727_014693.jpg


約1ヵ月半、われわれを楽しませてくれた彼らの姿が見られるのはそろそろ終わりのようだ。また来年早春に会おう。
[PR]
by tyoutorin | 2011-04-27 00:27 | 神奈川県
4月初旬、神奈川のギフチョウも最盛期。訪れる人たちも多い。4月7日と13日神奈川のポイントに出かけた。7日は山頂で飛翔するギフチョウの撮影、13日は今まで撮影したいと思っていてなかなかチャンスがなかったサクラギフの撮影が目的だった。
写真1 山頂で飛翔するギフチョウ 4月7日撮影
e0214727_18295323.jpg

写真2 ポイントについてすぐ運よくカキドオシで吸蜜に余念がないギフチョウに遭遇
e0214727_1832079.jpg

写真3 サクラで吸蜜中のギフチョウには多くのカメラマンが集まって撮影に夢中。
e0214727_1833574.jpg

写真4 サクラの周りを飛翔しているので飛翔も狙って見る。
e0214727_18355898.jpg

写真5 もう一枚飛翔をパチリ
e0214727_18373050.jpg

写真6 サクラ吸蜜のアップ
e0214727_18385536.jpg

写真7 目前で吸蜜も!
e0214727_18403727.jpg

写真8 開翅中
e0214727_18423772.jpg

写真9 一面桜色
e0214727_184433100.jpg

写真10 向こうのほうから交尾中だよという声。駆けつけてこれも撮影。
e0214727_18461613.jpg


ようやく、念願だったサクラギフを撮影でき大満足。ちょうどサクラもほぼ満開、タイミングは良かったようだ。
[PR]
by tyoutorin | 2011-04-15 18:54 | 神奈川県
4月6日、県北に向かったもう一つの目的はスギタニルリシジミの撮影である。スギタニルリシジミは時として大吸水集団を作ると聞いているがまだ自分は見たことがない。今回の場所は渓流内の水場で頭数もさほど多くなく大集団を作るような場所ではない。

写真1 スギタニルリシジミの吸水
e0214727_165317.jpg

写真2 ルリシジミ♂と♀
e0214727_1637837.jpg

写真3 スギタニルリシジミ♂と♀およびルリシジミ♂と♀ ちょうど両種の♂と♀が一緒になった。スギタニのほうが暗灰色で違いがよくわかる。♂同士、♀同士が同じ方向を向いているのがおもしろい
e0214727_16144096.jpg

写真4 スギタニルリシジミ♂の開翅 スギタニルリシジミの開翅シーンはなかなか撮影できない。今回もそのチャンスに出会うことができなかったので06年3月26日に撮影した開翅シーンを掲載する。意外と落ち着いた群青色であった。ちょうど日差しが弱く開翅日光浴をしておりタイミングが非常に良かったと思う。
e0214727_1621347.jpg


飛翔撮影まで気が回らなかったし、大吸水集団を見ることなどが今後の課題となった。
[PR]
by tyoutorin | 2011-04-09 16:38 | 神奈川県
コツバメを撮影したくて神奈川県北部へ。コツバメは横浜市内でも見られるようだが藤沢市付近ではどうも見られない。ということで県北に出向いた。丹沢山麓には広く分布しているようだが、昨年はなかなか見つけられずたいへん苦労した。ところが今年はいとも簡単に遭遇することができしかも個体数も多いようだ。
写真1 倒木上でおとなしくしていたので接写してみた。
e0214727_1112650.jpg

写真2 この倒木が気に入っているらしく飛立ってはまた戻ってくる。
e0214727_1123142.jpg

写真3 ちょっと広角撮影もしてみたが蝶が小さすぎてうまくない。
e0214727_1135578.jpg

写真4 ノイバラの枝先に止まる。
e0214727_116889.jpg

写真5 ススキの枯葉にもとまったりする。
e0214727_1175773.jpg

写真6 ちょっと余裕が出てきたので飛翔写真を撮ってみる。むやみに写した中にどうにか写っている写真が1枚だけあった。表面の感じから♂でしょうか。
e0214727_120456.jpg

写真7 おなかの大きさから♀でしょうか
e0214727_1351297.jpg

写真8 縁の幻光にも挑戦してみたが裏面の模様を出そうとすると幻光も薄くなってしまう。
e0214727_1241276.jpg


このあたりではキブシで吸蜜しているケースが多いが、木が高くてなかなかうまく撮影できない。吸蜜を接写したいがなかなかチャンスがない。(写真1から7は4月1日撮影、写真8は4月6日撮影)
[PR]
by tyoutorin | 2011-04-09 01:38 | 神奈川県