日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前回に引き続き4月後半に神奈川で見られた蝶を紹介します。黒いアゲハ類が全部出てきましたがまだ撮影できていない種類が多いです。5月以降撮影できたらこれらについてブログアップしようと思います。
写真1 コミスジ 4月25日初見。県内各地で一斉に出てきたようだ。4月25日伊勢原市で撮影。
e0214727_013856.jpg

写真2 ツマグロヒョウモン♂ 4月26日初見。3頭ほど見られたが♀はまだ見ていない。4月26日藤沢市で撮影
e0214727_03518.jpg

写真3 ヒメウラナミジャノメ 4月26日初見。これも県内各地一斉に出てきたようだ。4月26日藤沢市で撮影。
e0214727_062927.jpg

写真4 クロアゲハ♂ 4月27日初見。黒いアゲハは飛翔中種類がなかなかわからない。4月27日茅ヶ崎市にて撮影
e0214727_09287.jpg

写真5 カラスアゲハ♂ 4月27日初見。表面が緑や青の金属光沢のように光るので飛翔中でもわかる。4月28日大磯町で撮影。
e0214727_0145463.jpg

写真6 コチャバネセセリ 4月27日初見。最近少なくなってきたように思うが気のせいか?4月27日茅ヶ崎市で撮影。
e0214727_0165314.jpg

写真7-8 モンキアゲハ 4月28日初見。新鮮な♂が吸水に熱中して全くわれわれを無視していた。また、べつのところではツツジに吸蜜していた。4月28日大磯町で撮影。
e0214727_0223378.jpg

e0214727_023853.jpg

写真9 クロヒカゲ 4月28日初見。 薄暗い樹林に足を踏み入れると黒い中型の蝶が飛立って近くにとまった。4月28日大磯町で撮影
e0214727_026747.jpg

写真10 コジャノメ 4月30日ぎりぎり滑り込み初見を果たす。シーズンともなると多産する場所だが1頭しか見られなかった。4月30日藤沢市にて撮影。
e0214727_0294626.jpg


そのほかにはミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハなどが4月30日見られたものの写真撮影は出来なかった。
[PR]
# by tyoutorin | 2011-05-03 00:41 | 神奈川県
4月は春のチョウたちがつぎつぎと現れ忙しく過ごしてきた。それらの蝶のうちすでにブログにアップしたものもあるが未掲載の種について紹介しておきたい。種類が多いので2回に分けて紹介しようと思う。初見日は自分が初見した日にちである。
写真1 ツマキチョウ♂ ツマキチョウの初見は4月2日藤沢市であった。そのときの写真。今年は少し遅く心配したがツマキチョウに初めて会って安心した。4月末には個体数も減じ破損個体が多くなった。
e0214727_2214377.jpg

写真2 アゲハチョウ 初見日は4月10日茅ヶ崎市であった。写真はダイコンの花に吸蜜しに来たアゲハチョウ。4月15日藤沢市にて撮影。
e0214727_2217927.jpg

写真3 キアゲハ 初見日は4月12日 藤沢市にてレンゲ畑を舞うところを目撃。写真は4月27日休息中の♀を茅ヶ崎市で撮影。
e0214727_2220837.jpg

写真4 ツバメシジミ♀ 低温期型の青い鱗粉が特に良く出ている。右の触覚は下げていて隠れてしまった。4月12日藤沢市で撮影。
e0214727_22241029.jpg

写真5 ツバメシジミ♂ 一般的な♂よりも青色が鈍く後翅表面に赤紋が現われている。オスでもこのような赤紋が現われる個体はいるそうだ。すれた個体のため表面の青色が薄くなったのだろうか。4月26日藤沢市で撮影。
e0214727_22495997.jpg

写真6 クロコノマチョウ♀ 笹の茂る林内を歩いていると突然足元から大きな蝶が飛び出した。近くに止まったものの枯葉に紛れて見つけるのが大変だった。4月14日藤沢市で撮影。
e0214727_22313258.jpg

写真7 ヤマトシジミ♂ 初見は4月15日。土手に止まっていたが新鮮な個体だった。4月15日藤沢市で撮影。
e0214727_22504888.jpg

写真8-9 ミヤマチャバネセセリ 初見は4月25日 個体数は比較的多くテリを張っていた。写真は4月30日オオイヌノフグリで吸蜜中の個体を寒川町で撮影。
e0214727_22372029.jpg

e0214727_22375814.jpg

写真10-11 ギンイチモンジセセリ 初見は4月25日 個体数はあまり多くない。4月30日寒川町で撮影。
e0214727_2241545.jpg

e0214727_22412695.jpg

写真12 ジャコウアゲハ♂ 初見日は4月25日。4月27日茅ヶ崎市で撮影。
e0214727_22452159.jpg


(その2)に続く。
[PR]
# by tyoutorin | 2011-05-01 22:55 | 神奈川県
今年のミヤマセセリは3月19日初見以来、色々なシーンで楽しませてくれた。まだまだフィールドでは多くの個体が活動中であるもののかなり傷んだ個体が多くなったのは否めない。
ここで今年の4月以降神奈川県で撮影したミヤマセセリをまとめておきたい。

写真1 ミヤマセセリ♂ キランソウで吸蜜。林道沿いで見られる個体は結構吸蜜している場合が多い。(4月1日、旧津久井町)
e0214727_23595663.jpg

写真2 ミヤマセセリ♀ タチツボスミレで吸蜜(4月1日、旧津久井町)
e0214727_012656.jpg

写真3 ミヤマセセリ♀ 開翅 吸蜜の合い間には開翅して翅を休める。(4月1日、旧津久井町)
e0214727_0443.jpg

写真4 ミヤマセセリ♂ 吸水 染み出した湧き水で吸水もしていた。(4月1日、旧津久井町)
e0214727_054232.jpg

写真5-6 ミヤマセセリ♂ ミヤマキケマンで吸蜜。(4月6日、旧津久井町)
e0214727_072998.jpg

e0214727_08153.jpg

写真7 ミヤマセセリ♀ 開翅(4月11日、中井町)
e0214727_0102358.jpg

写真8 ミヤマセセリ♂ タチツボスミレで吸蜜(4月11日 中井町)
e0214727_012671.jpg

写真9 ミヤマセセリ♀ サクラの花で吸蜜(4月13日、旧藤野町)
e0214727_014693.jpg


約1ヵ月半、われわれを楽しませてくれた彼らの姿が見られるのはそろそろ終わりのようだ。また来年早春に会おう。
[PR]
# by tyoutorin | 2011-04-27 00:27 | 神奈川県
畑仕事の手伝いをかねて郷里のギフチョウ撮影のため帰省した。
家内の実家からポイントまで直線距離で約3km。作業の合い間にも気楽に訪れることができるのがうれしい。
ここのギフチョウは日本で一番黒いといわれた個体群で飯田市全域で天然記念物に指定されている。
17日日曜日には地元保存会による「飛んでいるギフチョウを見る会」がおこなわれたという。
それには間に合わなかったが20日に現地を訪ねてみた。
写真1 9時頃ポイントについてすぐ散策路前方に蝶影発見。さっそくギフチョウが迎えてくれた。
e0214727_14272361.jpg

写真2 近づくと飛立ち近くの枯れ草に止まり翅を開いた。しかし光線が順光でなく撮影は苦しかったがどうにか開翅撮影が出来た。スミレあるいはカキドオシでの吸蜜を期待したが叶わず雑木林に消えた。
e0214727_1432789.jpg

写真3-4 散策路をさらに進むと落ちている枝の先に止まって半開翅のギフチョウを発見。9時過ぎにはすでに気温は10℃を越えており半開翅の状態が多い。
e0214727_14411096.jpg

e0214727_2135776.jpg

写真5 別の場所に小移動。ここでも落ち葉の上で半開翅。なかなか敏感で正面位置まで回り込めず。 
e0214727_14443414.jpg

写真6 ミツバツツジが各所に咲いている。11時過ぎにはミツバツツジの周りにちらほらとギフチョウが現われる。しかし周りを旋回している時間が多くなかなか吸蜜してくれない。そしてついに下のほうに咲く花で吸蜜してくれた。しかし吸蜜時間は短くすぐに飛立ってしまった。
e0214727_14514018.jpg

写真7-9 別のツツジでも吸蜜が見られたがせわしない。それでもどうにかツツジ吸蜜の撮影が出来たのはうれしかった。ここにはカタクリがなく先輩諸氏のようなカタクリギフの綺麗なシーン撮影は望むべくもない。
e0214727_1458085.jpg

e0214727_14582280.jpg

e0214727_1458518.jpg

写真10-11 ツツジ吸蜜するまでの間は周りを飛び回るのでまた飛翔を撮影してみた。
e0214727_1514054.jpg

e0214727_152457.jpg

写真12 翌21日は家に帰る日だったが帰りがけにスミレなどで吸蜜する写真が撮れないだろうかとちょっと寄り道してみた。残念ながら吸蜜は見られずメスが枯れ枝に止まって開翅サービスしてくれた。
確かに黒い感じはする。前回のブログ、神奈川のギフチョウ写真2に比べるとだいぶ違うようだ。
メスは多く見られたがヒメカンアオイの葉も小さく産卵行動は確認出来なかった。
e0214727_1510250.jpg

写真13 帰路中央高速車窓から見た中央アルプス、南駒ケ岳(中央)周辺の山並みです。
e0214727_1592771.jpg

[PR]
# by tyoutorin | 2011-04-23 15:24 | 長野県
4月初旬、神奈川のギフチョウも最盛期。訪れる人たちも多い。4月7日と13日神奈川のポイントに出かけた。7日は山頂で飛翔するギフチョウの撮影、13日は今まで撮影したいと思っていてなかなかチャンスがなかったサクラギフの撮影が目的だった。
写真1 山頂で飛翔するギフチョウ 4月7日撮影
e0214727_18295323.jpg

写真2 ポイントについてすぐ運よくカキドオシで吸蜜に余念がないギフチョウに遭遇
e0214727_1832079.jpg

写真3 サクラで吸蜜中のギフチョウには多くのカメラマンが集まって撮影に夢中。
e0214727_1833574.jpg

写真4 サクラの周りを飛翔しているので飛翔も狙って見る。
e0214727_18355898.jpg

写真5 もう一枚飛翔をパチリ
e0214727_18373050.jpg

写真6 サクラ吸蜜のアップ
e0214727_18385536.jpg

写真7 目前で吸蜜も!
e0214727_18403727.jpg

写真8 開翅中
e0214727_18423772.jpg

写真9 一面桜色
e0214727_184433100.jpg

写真10 向こうのほうから交尾中だよという声。駆けつけてこれも撮影。
e0214727_18461613.jpg


ようやく、念願だったサクラギフを撮影でき大満足。ちょうどサクラもほぼ満開、タイミングは良かったようだ。
[PR]
# by tyoutorin | 2011-04-15 18:54 | 神奈川県