日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ウラナミシジミ ( 3 ) タグの人気記事

前回、2010年12月31日の蝶たちを紹介したが、これらの蝶がいつまで生きのびられるのか継続して観察してきた。その様子をお知らせしたい。

写真1 ウラナミシジミ♂ 藤沢市I地区にて1月1日撮影。12月31日に撮影した個体と同一と思われる。無事年越しはしたようだが以後姿が確認できていない。
e0214727_2144719.jpg

写真2 モンキチョウ♂ 藤沢市I地区にて1月1日撮影。12月31日に撮影した個体と同一と思われる。無事年越しをし1月4日まで見られたが5日以降姿が確認できていない。
e0214727_22184125.jpg

写真3 ベニシジミ 藤沢市I地区にて1月4日撮影。1月1日にも見られたが5日以降は姿が確認できていない。
e0214727_21574720.jpg

写真4 ヤマトシジミ♀ 藤沢市I地区にて1月6日撮影。1月1日、4日にも見られたが7日以降は姿が確認できていない。
e0214727_21582960.jpg

写真5 モンキチョウ♀ 藤沢市I地区にて1月6日撮影。今まで見られなかった新鮮な♀。早くも今年羽化したものだろうか。但し7日以降は暖かい日もあるのに姿を見せていない。ここI地区も生きのびた蝶はいなくなってしまったようである。
e0214727_221472.jpg

写真6 モンキチョウ♀ 藤沢市E地区にて1月9日撮影。12月31日に撮影した個体と後翅破損状況から同一と思われる。よく生きのびたものであり今後も継続観察したい。
e0214727_2241014.jpg

写真7 モンキチョウ♂ 藤沢市E地区にて1月9日撮影。新鮮な♂でありこれも今年になって羽化したものだろうか。写真6の♀と求愛行動するも成立しなかった。
e0214727_2282458.jpg

今年になって羽化したと思われる蝶もこれから1月下旬2月上旬にかけての厳しい寒さに耐えられないだろう。
[PR]
by tyoutorin | 2011-01-10 22:20 | 神奈川県
いよいよ2010年の大晦日である。近年、ここ湘南では年末になっても非成虫越冬種のチョウたちを見ることが出来る。今年もこれらのチョウたちを観察してきたが今日その報告をしたい。
写真1 モンキチョウ♂ 12月31日藤沢市I地区にて撮影。かなり新鮮な個体だった。12月28日までは2頭見られたが今日ここでは1頭のみしかみられなかった。
e0214727_21484676.jpg

写真2 モンキチョウ♀ 12月31日藤沢市E地区にて撮影。ここには2♂1♀がいたがいずれも破損個体であった。
e0214727_21504537.jpg

写真3 ベニシジミ 12月31日藤沢市I地区にて撮影。12月22日には3頭見られたが以後1頭のみとなり連日見られた。
e0214727_2156399.jpg

写真4 ベニシジミ 12月28日藤沢市I地区にて撮影 写真3と同一個体と思われる。
e0214727_2202660.jpg

写真5 ウラナミシジミ♂ 12月31日I地区にて撮影 12月18日には多数見られたが以後しばらく見られず12月28日に新鮮な♂が現れた。同一個体がそのまま居ついているようである。
e0214727_2255699.jpg

写真6 ウラナミシジミ♂ 同上同一個体
e0214727_227381.jpg

写真7 ウラナミシジミ♂ 同上同一個体 低温期に発生するような模様にはなっていないようだ。
e0214727_229540.jpg

写真8 ヤマトシジミ♀ 12月27日藤沢市I地区にて撮影 この日迄継続して見られたが以後姿を見せず。どうやら生きのびられなかったようだ。
e0214727_22141140.jpg

そのほかモンシロチョウ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモンは12月18日まで見られたがその後姿を見せていない。12月31日見られたモンキチョウ、ベニシジミ、ウラナミシジミはおそらく無事新年を迎えるだろう。

今年途中からはじめたブログですが、皆さまお付き合いありがとうございました。皆さまにとって来年はいい年でありますようお祈り申し上げます。来年も引き続きよろしくお願いします。
[PR]
by tyoutorin | 2010-12-31 22:29 | 神奈川県
今年も早12月、あと一月残すのみとなりました。今までムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ウラギンシジミといった蝶たちを紹介してきたが11月の区切りとして29日から30日にかけて見られた蝶をアップします。
写真1 モンシロチョウ 野菜畑、園芸種のキクの花にはまだたくさん見られる。
e0214727_2154462.jpg

写真2 モンキチョウ われわれがモンキ天国と呼んでいるところ。最盛期には程遠いがたくさん見られる。
e0214727_215241.jpg

写真3 ヒメアカタテハ この蝶は成虫越冬ではないが遅くまで見られる。いまはキクの花で吸蜜している個体が多い。
e0214727_2194171.jpg

写真4 キタテハ この蝶は成虫越冬である。暖かい日は飛び出してくることがあるがまだまだ越冬体勢に入っているようではない。
e0214727_2212715.jpg

写真5 ベニシジミ ボロから新鮮な個体まで色々いる。まだまだ見られるだろう。
e0214727_2231955.jpg

写真6 ウラナミシジミ これからも新鮮な個体が出てくる可能性もある。低温期型も出ることがあり目が放せない蝶だ。
e0214727_2261251.jpg

写真7 ヤマトシジミ 低温期型のメス。大分青色がはっきりしてきた。この蝶も前方から撮ると青がよく光るようだ。
e0214727_2292064.jpg

写真8 チャバネセセリ かなり擦り切れながらもがんばっている。まだまだよく見られる。
e0214727_2283044.jpg

そのほか、ツマグロヒョウモン雄も2頭ばかりキクで吸蜜していた。
[PR]
by tyoutorin | 2010-12-01 02:41 | 神奈川県