日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ムラサキシジミ ( 3 ) タグの人気記事

今日はすばらしい快晴だったが北風が強く体感的には寒かった。モンキチョウもそろそろ数が増えているかといつものフィールドに行ったが1♀が見られたのみ。他には常連となったキタテハ数頭、いづれも日当たりの良い土手で日光浴。

写真1 モンキチョウ♀ やはり活動は不活発。吸蜜はしてくれず、土手の枯葉の上で日向ぼっこするのみ。(携帯画像ですみません)
e0214727_129074.jpg

写真2-3 林縁に向かうとチラッとちいさな影が横切る。探してみるとムラサキシジミがヤブツバキのハナで吸蜜中だった。
e0214727_13153100.jpg

e0214727_1321741.jpg

写真4 林内の陽だまりではムラサキシジミの♀が開翅日光浴をしていた。越冬したとは思われないような綺麗な個体だった。
e0214727_1345026.jpg

写真5 同一個体の閉翅です。
e0214727_1365184.jpg

写真6 水辺には冬眠から覚めたばかりのアズマヒキガエル?が眠い顔をしてのそりのそりと道路を横切っていくところだった。冬眠明けとは思われないほど肉付きが良かった。
e0214727_141721.jpg


というようなわけでムラサキシジミも活動を開始し栄養補給に忙しくなってきたようだ。以前から観察していたウラギンシジミ3頭は今まで全く動いていなかったが今日はことごとく姿を消していた。彼らも越冬からさめ活動期に入ったのならいいのだが・・。元気でまた開翅シーンなど見せてほしいものだ。
今日はモンシロチョウ探しが主体で出かけたのだが残念ながら見ることはかなわなかった。
[PR]
by tyoutorin | 2011-02-23 01:50 | 神奈川県
12月に入ったとはいえまだまだ湘南は暖かい。とはいえ次第に越冬蝶に狙いが変っていく。成虫越冬する蝶はこの時期栄養補給の吸蜜をする姿が見られる。初旬に見られた蝶を紹介したい。

写真1 スジグロシロチョウ♂ 12月に見られるのは少ないがノゲシで吸蜜するところに出会うことができた。(12/2撮影)
e0214727_15403272.jpg

写真2 キチョウ♀ 暖かい日中は活動するが寒くなると枯れ草にもぐってねぐらにする(12/2撮影)
e0214727_15424346.jpg

写真3 ウラギンシジミ 2頭 ウラギンシジミは近くに集まって休むのをよく見かける。(12/2撮影)
e0214727_15444930.jpg

写真4 ムラサキシジミの越冬集団 よく数えると8頭いる。よほど気に入った枯葉のようだ。これだけ集まっているのは珍しい。(12/7撮影)
e0214727_1548113.jpg

写真5 ムラサキツバメ越冬集団 シュロの葉の重なり目にはみ出しながらも集団を形成していた。
e0214727_15502418.jpg

写真6 ムラサキツバメ♀ キクの花で吸蜜 
e0214727_15522056.jpg

写真7 ムラサキツバメ♀ 同一個体。花びらを舐めているようだ。
e0214727_15534596.jpg

写真8 ムラサキツバメ♀ 同一個体 口吻が伸びていないか?
e0214727_15544810.jpg

写真9 ムラサキツバメ ヤツデで吸蜜。このとき右下にジョロウグモが!!このあと驚くことが起こった。なんとムラサキツバメがクモに飛びかかりクモが驚いて逃げた。決定的瞬間の撮影は出来なかった。(12/8撮影)
e0214727_15574921.jpg

写真10 ムラサキツバメ♀ ビークマーク付。前翅、後翅が開翅状態で何者かによって咬み取られたようだ。
e0214727_1602546.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2010-12-08 16:03 | 神奈川県
いよいよ、ムラサキツバメも越冬の準備にとりかかったようだ。例年越冬集団が観察される藤沢市のH谷戸にお昼前行ってみた。谷戸内では数日前から複数のムラサキツバメの姿が見られたが、集団形成場所を見つけることが出来なかった。今日は晴れながらも時々厚い雲が現れ日差しをさえぎる。日差しがなくなると急に寒い。ちょうど曇っていたせいか飛翔する個体は見られなかったが、いつものアカガシのところでふと目を上げると葉の上に6頭まとまっているのを発見。(これを第1集団)
さらに念入りに探すとかなり高い位置に2箇所ムラサキツバメが集まっている葉を発見した。(第2、第3集団)
写真1 第1集団 5頭確認。
e0214727_19362377.jpg

写真2 第2集団(右側)第3集団(左側)
e0214727_19375444.jpg

写真3 葉の上の様子が見られないので、やや後退して見られそうな位置を探す。色々な角度から確認した結果、集団2(手前側)には12頭ほど、集団3(奥側)には5頭以上はいるようだが確かな数は確認できない。なお、集団3の中に「05」とマークされた追跡個体が確認できる。
e0214727_1941625.jpg

写真4 陽射しが長時間当たり始めるとつぎつぎと飛び立ち近くの葉の上などに分散した。まだまだ集団の形成場所は決まっておらずこれからすこしづつ場所を変えながらいい場所を見つけることになるのだろう。集まり始めた時期は昨年とまったく同じである。
e0214727_2013092.jpg

写真5 ムラサキシジミ♀の開翅。日が射し始めるとムラサキツバメのほかムラサキシジミやウラギンシジミが飛び出してきて開翅日光浴を始めた。ムラサキツバメはまだこのようなサービスはしてくれない。
e0214727_2001077.jpg

[PR]
by tyoutorin | 2010-11-12 20:09 | 神奈川県