日々撮影したチョウを主体に日記として掲載しています。相蝶会会員、日本チョウ類保全協会会員


by tyoutorin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ルーミスシジミ ( 2 ) タグの人気記事

前回10月23日に房総のルーミスシジミに初対面、初撮影を果たすことができたが、年内にもう一度会って開翅写真を撮りたいと思いminbuさんとwayoさんを誘って12月17日出向いた。
この日は今シーズン一番の冷え込みということだったが天候は晴との予報であり、陽射しがあれば何頭かは見られるだろうと期待して出かけた。現地到着は9時近く、まだ寒く谷底には陽が射していない。草にはうっすらと霜が降りている。9時30分頃より次第に陽射しが谷に射し込み始めたがなかなか姿を見せない。
10時30分ようやくminbuさんが開翅中の1頭を発見し呼んでくれた。
写真1 ルーミスシジミ開翅
e0214727_2041480.jpg

写真2 ルーミスシジミ開翅
e0214727_20691.jpg

写真3 ムラサキシジミとの対比(参考:2010/11/08撮影藤沢市)比較するとかなり青色に違いがあることがわかる。
e0214727_208299.jpg

写真4 ルーミスシジミ裏面
e0214727_2011811.jpg

写真5 ルーミスシジミ半開翅
e0214727_20123048.jpg

写真6 ルーミスシジミ全開翅。後翅青色がよく見える。これはwayoさんが見つけた別個体である。
e0214727_20144838.jpg

目的の開翅写真が撮れたところで昼飯にする。この頃から雲が全天を覆い始め回復の兆しなし。
目的を達成したことで早々に引き上げることにした。今年の遠征は今回の房総で撮り収めとした。
[PR]
by tyoutorin | 2010-12-19 20:24 | 千葉県
10月23日、永年の夢であったルーミスシジミに会いに出かけた。このところ毎日天気が悪く、撮影に出かけられなくて残念に思っていたが前日の天気予報では久々に晴天とのこと。蝶友minbuさんに急遽案内をお願いして千葉県のルーミスシジミ初見、撮影初挑戦とあいなった。現地は雲が取れにくく陽射したっぷりとは行かない。時折陽射しが出たり出なかったりの状態でやや不安。現地には知り合い含め5人ほど撮影待機中だった。やはりヒルがいるとのこと。INYさんにヒルよけスプレーを長靴にかけてもらい準備完了。9時頃ついに1頭が現われ、初めての対面を果たす。10時頃には複数頭が下りてきて念願の初撮影が叶った。しかし写真の出来はいまひとつ。しかし初挑戦にしては上出来だと満足の一日であった。

まず、横顔から。エメラルドグリーンの目が写せたので感激。
e0214727_22525453.jpg

そうこうしているうち、ついに開翅してくれた。この時期ではさすがにスレているようだ。
e0214727_22542118.jpg

木洩れ日の当る葉の上には翅を閉じた個体がじっと止まっていてくれた。
e0214727_22584097.jpg

はじめて見るルーミスシジミは飛翔しているとき白く見えた。表面の青斑も空色っぽく半開翅した写真はルーミスらしさが出ていい感じになった。
e0214727_2331390.jpg

また、いずれ落ち着いてきちんと撮影したいものだ。ヒルよけスプレーの効果かヒルにはあわずにすんだのが幸いだった。
minbuさんはじめ現地でお会いしたINYさん、KSMさん、TTIさんお世話になりました。
[PR]
by tyoutorin | 2010-10-24 23:12 | 千葉県